ニキビ予防(思春期)

ニキビ予防(思春期)

思春期にきびと大人にきびは同じにきびでもできる原因が違います。にきびには思春期にきびと大人にきびがあります。それぞれにあったにきび対策をして、にきび予防をしましょう。そのためにきび対策もちょっと違ってきます。

・洗顔

思春期になると男性女性にかかわらず男性ホルモンの分泌が増えます。そのため皮脂量が増え毛穴につまり、肌の常在菌であるアクネ桿菌が増殖し、にきびが発生します。
皮脂量が増えることでにきびができてしまう思春期。思春期のにきびを予防するには、こまめな洗顔がとても大切です。こまめに洗顔を行うことで分泌された余分な皮脂を流し、アクネ桿菌の増殖を防ぎ、にきびができにくい肌の状態を保つことができます。とはいえ、洗顔を必要以上に行うと肌の皮脂がなくなりカサカサと乾燥した肌になってしまいます。また、皮脂の分泌サイクルが狂いかえってにきびができやすい肌になることもあります。気をつけましょう。
最近は化粧をしている思春期の女性をよく見かけるようになりました。化粧は肌に負担になります。また、化粧を落とさずに寝てしまったり、落とし残しをするとにきびができやすくなります。化粧は控えめにし、化粧をしたときはきちんと落とし、肌を清潔に保ちましょう。
肌のお手入れをするときには、油分の多い乳液やクリームはなるべく控えましょう。化粧水だけでは肌が乾燥してしまうという人は、かさつく部分に乳液をぬって保湿し対応するといいでしょう。

・食べ物

甘いものの食べすぎ、油分の多いスナックやファーストフードの食べすぎには注意しましょう。
バランスの良い食生活を心がけにきび予防をしましょう。皮脂の分泌量が多くなる思春期は、皮脂の分泌に関係の深い糖質や脂肪分をとり過ぎることでにきびができやすくなります。
ニキビ予防(思春期)プロアクティブ成分がニキビ肌に効く秘密のトップページに戻る