洗顔剤・基礎化粧品を選ぶポイント

洗顔剤・基礎化粧品を選ぶポイント

洗顔剤と言ってもどんな洗顔剤でもいいわけではありません。にきびと洗顔は切っても切れないほど深く関わっています。

 

肌の皮脂を適度に洗い流し肌を清潔に保つことでにきびを防ぐことができます。また、洗顔後の化粧水や乳液などの基礎化粧品もまたにきびに関わってきます。
洗顔剤や基礎化粧品は自分の肌にあったもの、ニキビ用のものを選ぶとグッドですね。

 

メイク落とし、洗顔剤、化粧水、乳液を選び時のポイント

@メイク落とし

メイク落としはノンオイルで刺激成分が入っていないものを選びましょう。メイクを落とす際にゴシゴシ顔をこすると肌をいため、刺激を与えてしまいにきびの原因となるので気をつけましょう。化粧をしっかり落とすことはにきび予防にとってとても大切なポイントです。メイク落としは簡単に洗い流せるもので肌への負担が少ないものを選びましょう。

A洗顔剤 

肌と同じ弱酸性のものを選びましょう。
スクラブ洗顔剤は肌の汚れを落とす洗顔として知られていますが、刺激が強いのでにきび肌にはよくありません。つぶつぶの入っているやつです。
にきび予防には洗顔が大切ですが洗浄力の強い洗顔剤を使うと肌をいためたり、必要な皮脂まで落としてしまいかえってにきびができやすくなってしまうので気をつけましょう。また洗顔後肌がつっぱる洗顔剤は皮脂を落としすぎているのかもしれませんので気を付けてください。
洗顔は洗顔剤をしっかりと泡立て、泡で顔を包み優しく洗うようにしましょう。泡立てようのネットとかも売っていますね。

B化粧水

肌に潤いと張りを与える重要な役割を担っている化粧水は保水力のあるものを選びましょう。化粧水はノンオイル、アルコールが入っていないもので刺激成分が入っていないものを選びましょう。肌の乾燥はにきびの原因となります。また、化粧水をつけるときはたっぷりとつけ、肌にしっかりと潤いを与えましょう。

C乳液

油分が少なく低刺激のものを選びましょう。また、にきびがひどい人は乳液をつけることで症状が悪化する場合があるので、にきびや肌荒れがひどい人は医師の指示に従ったスキンケアをするようにしましょう。乳液で肌を保湿するのは大切ですがつけすぎはにきびの原因となるので気をつけましょう。

 

洗顔剤、基礎化粧品はなるべく刺激の少ないものを選びましょう。

 

にきびや肌荒れがひどい方は、日頃から使っている化粧品などが肌にあっていないことが多いとのことです。洗顔した後はお肌にしっかりと潤いをあたえるようにしましょう。

 

自分で分からないと思う方は皮膚科でパッチテストを受け、使用しているものがにきびや肌荒れの原因になっていないかチェックしてもらうといでしょう。

 

洗顔剤・基礎化粧品を選ぶポイントプロアクティブ成分がニキビ肌に効く秘密のトップページに戻る