ニキビ予防(大人)

ニキビ予防(大人)

大人にきびの原因にはホルモンバランス、ストレス、食生活などさまざまなものがあります。

・洗顔

洗顔をきちんをしてにきびを防ぎましょう。
大人にきびも思春期にきびと同様にきちんと洗顔をし肌を清潔に保つことがにきび予防につながります。

・ストレス、睡眠不足

ストレスや睡眠不足は免疫力を低下させ、ホルモンバランスを狂わせる原因となります。ホルモンバランスが狂うと肌が荒れたり、にきびができやすくなります。睡眠をしっかりとり、リラックスする時間を作りにきびを予防しましょう。

・化粧品

肌に合わない化粧品を使うことで、肌に負担がかかりにきびができやすくなります。自分の肌にあった化粧品を使うようにしましょう。また、お化粧をしたときはきちんとメイクを落とし、肌によごれが残らないようにしましょう。疲れているからといって落とさずに眠ってしまうとにきびができる原因となります。

・食べ物

脂肪分や糖質の多い食品を摂り過ぎるとにきびができやすくなります。チョコレートやケーキなどの甘いもの、てんぷらや唐揚げなどの揚げ物などの油もの、ピーナッツやアーモンドなどのナッツ類などの食べすぎには気をつけましょう。
ビタミンや食物繊維をしっかりとりバランスのよい食事を心がけましょう。

・生理前のお肌のお手入れ

 

生理前になるとホルモンのバランスの関係で肌が荒れたり、にきびができやすくなることがあります。生理前ににきびができやすい人は、この時期はいつも以上に食生活に気をつけ、適度な睡眠をとり、リラックスした時間を過ごすようにしましょう。また、この時期は敏感肌の化粧品を使い、肌への刺激を少なくするといいでしょう。

 

ニキビ予防(大人)プロアクティブ成分がニキビ肌に効く秘密のトップページに戻る